会計事務所で会社設立

さて、いざ会社を設立するとなると、いろいろな準備が必要になってきます。まず、会社の名前を決め、法人印を作成し、事業計画の策定、必要な許認可の確認などをします。その後、定款を作成し、認可されたら、登記書類を作成し、印鑑証明書を取得し、資本金を準備し、さらに法務局へ申請し、登記簿謄本を取得します。簡単にまとめただけでも、このような工程になり、実際の設立までには相当な時間がかかってしまうことは否めません。たとえば、会社名一つを決めるにもいろいろ思うことはあるでしょうし、書類一つとっても、わかりにくい内容や記入の仕方など思い悩むことは多くあります。他にも実際の資金はいくらくらいから始めたほうがいいのかなど、いざ始めてみると意外に知らなかったことも多いのではないでしょうか。あまりの煩雑さに、途中で嫌気がさしてしまう可能性さえありそうです。

そこで、そのいろいろな煩雑さを会計事務所がサービスを提供している会社設立代行サービスを利用すると、簡単に進めてくれるというわけです。なんといっても会社の経理状況を把握しているお金のプロ集団ですので、その幅広い専門的知識をもって代行してくれるのでとても助かります。会社の名前や所在地などの基本事項と法人印作成、資本金などが自分でできていれば、最短1日で申請書を出してくれるところもあります。

Pocket

Comments are closed.